会社情報

沿革

年度沿革主な製品の販売開始時期
1961年株式会社協立有機工業研究所として設立(東京都中央区日本橋)
1962年縮合系カチオン性高分子凝集剤ハイモロック P-2
重合系アニオン性高分子凝集剤ハイモロック(Lシリーズ)
1963年寒川工場竣工
1964年本社移転(東京都中央区銀座)
1965年大阪出張所開設
1966年カチオン性高分子凝集剤(Mシリーズ)
1967年ノニオン性高分子凝集剤(砂利用シリーズ)
1969年徳山出張所開設
1970年茅ヶ崎研究所竣工アニオン性高分子凝集剤(SSシリーズ)
1971年機械部発足
小倉出張所・富士出張所・名古屋駐在所開設
ユニメック・加圧浮上分離装置デカラ販売開始
縮合系カチオン性高分子凝結剤(Qシリーズ)
1972年山口工場竣工
徳山出張所移転、山口出張所として開設
1973年茅ヶ崎工場(現神奈川工場)竣工
1974年仙台出張所開設マンニッヒ系カチオン性高分子凝集剤(MPシリーズ)
1975年仙台・富士・名古屋・小倉出張所を営業所に改称
1976年本社移転(東京都中央区銀座)銀座菊池ビルへ
1977年東北協立株式会社設立
1978年東北協立株式会社 百石工場(現 青森工場)竣工紙質改良剤(NCシリーズ)
1979年札幌営業所開設
1980年寒川工場を茅ヶ崎工場(現神奈川工場)に統合メタクリレート系カチオン性高分子凝集剤(MPシリーズ)
1982年高分子吸収剤(ハイモサブ)
1983年植生用粘結剤(ハイモシード)
1984年札幌営業所閉鎖アクリレート系カチオン性高分子凝集剤(MPシリーズ)
1985年NATM用粉塵低減剤(ハイナトム)
1986年アクリレート系カチオン性粉末高分子凝集剤(MPシリーズ)
カチオン性高濃度液状品製紙用歩留向上剤(E・DRシリーズ)
1987年寒川研究所(現湘南研究センター)竣工
1991年社名を「ハイモ株式会社」に変更
東北協立株式会社従業員ハイモに転籍
1993年ポリアミジン系カチオン性粉末高分子凝集剤(ZPシリーズ)
1994年東京支店開設、仙台・名古屋両営業所統合エマルジョン系カチオン性液状高分子凝集剤(MX・Vシリーズ)
1995年本社移転(東京都品川区五反田 第28興和ビル)
1996年大阪営業所移転(大阪市中央区)
大阪支店に格上げ、山口営業所を統合
新流動床式生物処理装置(粒流バイオシステム)
1999年小倉営業所移転、福岡営業所に改称
2000年製紙用歩留向上システム(ツインズシステム)
製紙用層間強度向上剤(MJシリーズ)
2001年電気泳動ゲルの長寿命化製品
製紙用原料処理剤(SCシリーズ)
2003年ケミカルサイト福岡開設水性塗料用増粘剤(PS-800)
2004年機材センター埼玉開設エマルジョン型カチオン性高濃度液状品 製紙用歩留向上剤(RXシリーズ)
2005年カチオン性高濃度液状品製紙用歩留向上剤(NDシリーズ)
2006年カヤフロック株式会社から営業譲渡
札幌営業所開設
カチオン性液状高分子凝集剤(FCシリーズ)
2008年カチオン性高濃度液状品製紙用歩留向上剤(NRシリーズ)
2011年仙台出張所開設
機材センター埼玉移転、平塚テクノセンターに改称
2012年本社移転(東京都品川区五反田 五反田フロント)
2015年大阪支店 移転(大阪市中央区)
2016年本社 移転(東京都千代田区丸の内 新国際ビル)